放射性物質及び緊急の対応を要する有害有機物質の固相系における動態と対策新技術に関する研究拠点

放射性物質 残留性有機汚染物質 セシウム POPs 土壌 汚泥 廃棄物 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 大阪産業大学

研究業績

<雑誌論文>

  1. Y. Fujikawa, H. Ozaki, X. CHEN, S. Taniguchi, R. Takanami, S. Sakurai, P. Lewtas :  In Extractability and chemical forms of radioactive cesium in designated wastes investigated in an on-site test, Radiological Issues for Fukushima’s Revitalized Future, Springer Open p. 89-107 (2015)
  2. 藤川陽子,尾崎博明,陳霞明,谷口省吾,高浪龍平,藤長愛一郎,櫻井伸治, ポール ルータス : 指定廃棄物中の放射性セシウムの抽出特性,  Proceedings of the 16th workshop on environmental radioactivity, pp.124-131 (2015)
  3. Fujikawa, M. Sugahara, T. Honma, S. Hirayama, Ph. D. Hung, S. Sakurai, H. Yashima, A. Hashiguchi, S. Taniguchi, H. Ozaki, 他, : Monitoring of Arsenite Sorption to Biogenic Iron Oxide in a Flow-Through Column by X-Ray Absorption Spectroscopy.e-Journal of Surface Science and Nanotechnology 13, pp. 455-460 (2015)
  4. 藤川陽子, 尾崎博明, 津野洋, 他 :放射性物質汚染対処特措法の指定廃棄物除染技術の検討―現場試験の手法等, 環境衛生工学研究, Vol.28, No.3, pp.127-134 (2014.7) 査読無
  5. Xieqing Lu, Guanyin Zhen, Yuan Liu, Toshimasa Hojo, Adriana Ledezma Estrada, Yu-You Li : Long-term effect of the antibiotic cefaexin on methane production during waste activated sludge anaerobic digestion, Bioresource Technology, 169, 644-651 (2014.9) 査読有
  6. Rabindra Raj Giri, Hiroaki Ozaki, Xia Guo, Ryohei Takanami, Shogo Taniguchi : Significance of water quality and radiation wavelength for UV photolysis of PHCs in simulated mixed solutions, Central European Journal of Chemistry, doi:10.2478/s11532-014-0526-2 (published online: June2014) 査読有
  7. Ayumi Hashiguchi, Minoru Yoneda, Yoko Fujikawa, Hiroaki Ozaki, Shogo Taniguchi, Rabindra Raj Giri, Keisuke Yasuda, Takushi Takata : FLUORINE MASS BALANCE IN ELECTROLYTIC DEGRADATION OF PERFLUOROOCTANE SULFONATE IN AQUEOUS SOLUTION, International Journal of PIXE (Accepted: 2014.6)査読有
  8. R.R.Giri, H.Ozaki, X.Guo, R.Takanami & S.Taniguchi : Oxidative-reductive photo-decomposition of perfluorooctanoic acid in water, Internatoinal Journal of Environmental Science and Technology, Vol.11, No.5, pp.1277‐1284(2014.6)査読有
  9. Wei-Kan Qi, Takayuki Sunaba, Michael Norton, Yu-You Li : Effect of the Great East Japan Earthquke and Tsunami on Sewage Facilities and Subsequent Recovery Measures, Journal of Water Sustenability, 4 (Issue 1), 27-40 (2014.3) 査読有
  10. Ogura, T. Wakamatsu, K. Doi, T. Ohshima : Biochemical characterization of an L-tryptophan dehydrogenase from the photoautotrophic cyanobacterium Nostoc punctiforme, Enzyme and Mirobial Technology 60, 40-46. (2014)査読無
  11. Fujinaga,A., Yoneda,M., Ikegami,M. : Risk Assessment of Intake of Foods and Soil, and Air Radiation Dose After Fukushima Nuclear Disaster, J.Engineering forGas Turbines and Power, Vol.36,8,doi:10.1115/1.4026811.(2014)査読有
  12. 藤川陽子 :環境分野における研究技術の最新動向 放射光による環境試料分析-元素の化学的存在形態分析への応用-環境技術, , Vol.43,4,pp.220‐225(2014.4)査読無
  13. 藤長愛一郎, 大脇遼, 諸澤正樹, 渡邊信吾, 松下稔 : 感染症モデルの構築と数学的考察-数理生態学に基づく感染症の流行予測-, 環境技術, Vol.43,3,pp.172‐179(2014.3)査読有
  14. Sakuraba, T. Ohshima : Thermophiles in Environmental and Industrial Biotechnology, Thermophiles in Industrial Biotechnology, Chapter 34: Thermophiles in Industrial Biotechnology, Chapter 34: Heterogeneous Production of Thermostable Proteins and Enzymes, Springer, pp. 395-412(2013)査読有
  15. Kawakami, C. Noguchi, C., Higashi, M., Sakuraba, H., Ohshima, T. : Comparative analysis of the catalytic components in the archaeal dye-linked L-proline dehydrogenase complexes, Appl. Microbiol .Biotechnol., 97, pp.3419-3427(2013) 査読有
  16. 櫻井伸治, 林友紀, 中桐貴生, 堀野治彦 : 循環灌漑による琵琶湖への窒素負荷削減の効果, 環境技術, Vol.42,12,pp.722-726(2013.12)査読有
  17. 藤川陽子 : 環境水中の窒素の汚染源と処理対策・水資源管理 ベトナムの地下水のアンモニア汚染と一槽型アナモックス処理, 環境技術, Vol.42,12,pp. 732-738(2013.12)査読有
  18. Wei Qiao, Kazuyuki Takayanagi, Mohammad Shofie, Qigui Niu, Yu You Li : Long-term stability of thermophilic co-digestion submerged anaerobic membrane reactor encountering high organic loading rate, persistent propionate and detectable hydrogen in biogas, Bioresorce Technology) , 149, 92–102 (12)査読有
  19. 張彦隆, 牛啓桂, 李玉友 : 活性汚泥と消化汚泥を用いたAnammoxグラニュールの培養および阻害因子の解析、土木学会論文集G(環境), Vol.69, No.7, Ⅲ_515-Ⅲ_ 522(11)査読有
  20. 渡邊亮哉, 高橋慎太郎, 砂庭崇之, 若原慎一郎, 李玉友 : 浸漬型嫌気性膜分離法(SAMBR)を用いたSS含有人工下水の処理特性と微生物群集構造解析、水環境学会誌36, No.6, pp.157-164(2013.11)査読有
  21. 藤川陽子 : 東日本大震災と災害廃棄物・自治体ごみ中の放射性セシウムのリスクに関する誤解, ESI-News (Electron Science Institute), Vol.31, No.5, pp.185-195(10)査読無
  22. 藤川陽子 : 福島第一原発事故後の放射線環境リスク 災害廃棄物中の放射性セシウムのリスクに関する誤解, 環境技術, Vol.42, No.9, pp.540-547(9)査読無
  23. 水谷夏樹, 鍛治允啓, 宮島昌弘 : PIV計測データに基づいた風波波面上の気流の圧力分布, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.69, No.2, pp.I_1401-I_1405.(2013) 査読有
  24. Fujikawa,Y., Wei,P., Fujinaga,A., Tsuno,H., Ozaki,H. : Removal of Cesium from the Extract of Municipal Water Treatment Sludges and Wastes by Precipitation with Ferrocyanide Solids, Proceedings of the 15th International Conference on Environmental Remediation & Radioactive Waste Management , ICEM2013-96321.(2013) 査読有
  25. 藤長愛一郎, 米田稔, 池上麻衣子 : 食品と土壌の摂取による内部被曝および外部被爆による総合的な発がんリスク評価, 土木学会論文集G(環境), Vol.69,3,pp.105-114(2013)査読有
  26. CHEN, H.Ozaki, R.R.Giri, S.Taniguchi, R.Takanami : Low-pressure reverse osmosis membrane separation of non-fluorinated and perfluorinated organic compounds in water, Desalination and Water Treatment, doi:10.1080/19443994.2013.815588 (published online: July 2013) 査読有
  27. Fujinaga,A., Uchiyama,I., Morisawa,S., Yoneda,M., Sasamoto,Y. : Risk-based Concentration Setting Methodology for Management of Contaminated Soil/Groundwater, Risk Analysis : An International Journal, Vol.32, No.1, pp.122-137(2012)査読有
  28. Yugo Takabe, Hiroshi Tsuno, Fumitake Nishimura, Nobuo Tanii, Hirofumi Maruno, Masahiro Tsurukawa, Motoharu Suzuki, Chisato Matsumura : Bioaccumulation and Primary Risk Assessment of Persistant Organic Pollutants with Various Bivalves, Water Science & Technology, Vol.66, pp.2620-2629 (2012) 査読有
  29. Xiaming CHEN, Hiroaki Ozaki, Rabindra Raj Giri, Shogo Taniguchi, Ryohei Takanami : Distribution and Diffusion Behaviors of Perfluorinated Compounds with Low Pressure Reverse Osmosis Membranes, Journal of Water and Environment Technology, Vol.10, No.4, pp.449‐461(2012.12)査読有
  30. 高浪龍平, 谷口省吾, 林新太郎, Rabindra Raj Giri, 尾崎博明 : 寝屋川上流部における抗インフルエンザウイルス薬の挙動とリスク評価, 土木学会論文集G(環境), Vol.68, No.7, pp.185‐192(2012.12)査読有
  31. 木村捷二郎, 山沖留美 : 原発放射能汚染水の浄化技術 化学共沈操作による放射性汚染水処理の基礎化学, 環境技術, vol.41, No.6, pp.338‐344(2012.6)査読有
  32. 藤川陽子 : 原発放射能汚染水の浄化技術 高塩分水中の放射性セシウムの吸着現象, 環境技術, vol. 41, No.6, pp.345-351(2012.6)査読無
  33. 高浪龍平 : 抗インフルエンザウイルス薬の水環境中挙動および患者数との関係, 環境技術, vol.41, No.6, pp.380‐387(2012.6)査読有
  34. 藤川陽子 : 放射性セシウムの特性と除染・災害廃棄物 広域処理に向けての企業や団体の取組み, ESI-News (Electron Science Institute), Vol.30, No.3, pp.127-137(10)査読無
  35. 藤川陽子 :廃棄物・リサイクル対策の最新動向 災害廃棄物中の放射性セシウムの動態とリスク評価, 月刊産業と環境, vol.41, No.6, pp.57-62(2012.5)査読無
  36. Ryohei TAKANAMI, Hiroaki OZAKI, Rabindra Raj GIRI, Shogo TANIGUCHI, Shintaro HAYASHI : Antiviral Drugs Zanamivir and Oseltamivir Found in Wastewater and Surface Water in Osaka, Japan, Journal of Water and Environment Technology, Vol.10, No.1, pp.57-68 (2012.3)査読有
  37. Rabindra Raj Giri, Hiroaki Ozaki, Tatsuya Okada, Shogo Taniguchi, Ryohei Takanami : Factors influencing UV photodecomposition of perfluorooctanoic acid in water, Chemical Engineering Journal, Vol.180, pp.197-203 (2012.1) 査読有
  38. 藤川陽子 : 高塩分水中の放射性セシウムの吸着現象, 環境技術, Vol.41, No.6, pp.345-351 (2012) 査読有
  39. 藤川陽子 : 災害廃棄物中の放射性セシウムの動態とリスク評価, 産業と環境, Vol.41, No.5, pp.57-62 (2012)査読有
  40. 藤川陽子 : セシウムの土壌等への吸着特性と除染の考え方, 産業と環境, Vol.41, No.4, pp.29-35 (2012)査読有
  41. 米田大輔, 藤川陽子, Paul Lewtas, 濱崎竜英, 菅原正孝, 尾崎博明 : 土壌抽出液中鉛の簡易測定における誤差の原因検討-超音波ネブライザ‐ICP発光分光法とボルタンメトリ法の比較から, 環境技術, Vol.41 pp.235-242(2012) 査読有

 

<国際学会発表>

  1. 藤川陽子,尾崎博明,魏ホウヒ,津野洋,藤長愛一郎,谷口省吾,高浪龍平、ポール ルータス、櫻井伸治: 指定廃棄物抽出液中の重金属オンサイト測定技術らなびにセシウム除染技術の検討、Proceedings of the 15th Workshop of Environmental Radioactivity. KEK, Tsukuba,  pp. 277-286(2014)
  2. Ryohei Takanami,Hiroaki Ozaki,Rabindra Raj Giri,Syogo Taniguchi,Shintaro Hayashi : Detection of Antiviral Drug Laninamivir in Treated Sewage Effluent and River Water in Osaka, Japan,IWA-World Water Congress & Exhibition (9.25 /Lisbon,Portugal)
  3. R.R.Giri,H.Ozaki,X.Guo,R.Takanami & S.Taniguchi : Efficacies of UVC and VUV Photolysis for Mineralization of Pharmaceutical Compounds in Mixed Aqueous Solution,The 5th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition,(2013.9.8/ Daejeon,Korea)
  4. Kanaoka, M., N. Mizutani, H. Matsukawa, B. Shrestha, K. Takehara and T. Tamano : Model Tests on Impact Bearing Capacity of Foundations during Impact Loading, The 23th International Offshore and Polar Engineering Conference, Anchorage, U.S., Paper No.TPC-0195. (2013)
  5. Xiaming CHEN,Hiroaki OZAKI,Shogo TANIGUCHI,Rabindra Raj GIRI,Ryohei TAKANAMI :Diffusion permeability of organic fluorine compounds in low-pressure reverse osmosis membrane,Water and Environment Technology Conference 2012(WET2012),p28 (2012.6.29/ The University of Tokyo)
  6. Rabindra Raj Giri,Hiroaki Ozaki,Ryohei Takanami,Shogo Taniguchi,Xiao Guo,Motoaki HaseGawa: Oxidative-reductive Photodecomposition of Perfluorooctanoic Acid in Water, IWA-World Water Congress & Exhibition (2012.9.18/Busan,Korea)
  7. Shogo Taniguchi,Ayumi Hashiguchi,Rabindra Raj Giri,Hiroaki Ozaki : Application of combined UPLC-TOF-MS and combustion ion chromatography for electrolytic degradation mechanism of PFOS in water,19th International Mass Spectrometry Conference,(9.20/Kyoto International Conference Center)
  8. Ryohei Takanami,Hiroaki Ozaki,Rabindra Raj Giri,Shogo Taniguchi,Shintaro Hayashi:Hydrophilic-interaction liquid chromatography(HILIC)-tandem mass spectrometry for quantification of oseltamivil and zanamivir in surface water and sediment samples,19th International Mass Spectrometry Conference,(9.20/Kyoto International Conference Center)

 

<学会発表>

  1. 藤川陽子, 平大輔, 藤井隆夫, Phan Do Hung, 鈴木市郎, 古川憲治 : 地下水中アンモニア除去へのアナモックスの適用―パイロット試験および長期室内試験による検討, 地下水・土壌汚染とその防止 対策に関する研究集会講演論文集 (22) pp.222-225 (2016)
  2. 谷口省吾,胡臣軍,林新太郎,尾崎博明 : 熱分解ガスクロマトグラフ質量分析計による難分解性有機汚染物質の分解物の推定,第19回日本水環境学会シンポジウム講演集,p208 (2016)
  3. 高浪龍平,濱崎竜英,尾崎博明,谷口省吾 : サリチル酸法を用いた促進酸化由来のラジカル測定と定量について,第19回日本水環境学会シンポジウム講演集,p249 (2016)
  4. 高浪龍平, 谷口省吾,林新太郎,尾崎博明 : 2015/16年インフルエンザシーズンにおける河川中のタミフルおよびタミフル代謝物濃度について,土木学会第71回年次学術講演会,pp.111-112 (2016)
  5. 藤川陽子 : 福島第一原発事故による放射性セシウム等による広範囲な環境汚染と除染の進展状況、除染に伴う廃棄物の取り扱い―セッション企画にあたって, 環境衛生工学研究 29 (3) (2015)
  6. 藤長愛一郎,佐々木哲男 : 甚大な災害時に情報がないことから得られる情報,土木学会第70回年次学術講演会,pp.77-78
  7. 藤川陽子, 尾崎博明, 高浪龍平, 谷口省吾, 藤長愛一郎, 藤原慶子, 櫻井伸治, ポール・ルータス : 指定廃棄物除染方法の現場試験による検討, 原子力学会2014秋の大会,CD-ROM 039 (9.9/京都大学吉田キャンパス)
  8. 高浪龍平, 谷口省吾, 林新太郎, 尾崎博明 : 2013/2014年インフルエンザシーズンにおける河川中のタミフルおよびタミフル代謝物濃度について, 土木学会第69回年次学術講演会, pp.221-222(9.12/大阪大学豊中キャンパス)
  9. 橋口亜由未, 藤川陽子, 米田稔, 谷口省吾, 尾崎博明 : コールドトラップ法によるペルフルオロ化合物の電解後生成ガス中のフッ素化合物捕集の試み, 土木学会第69回年次学術講演会, pp.257-258(9.12/大阪大学豊中キャンパス)
  10. 藤川陽子, 魏鵬飛, 津野洋, 尾崎博明, 藤長愛一郎, 谷口省吾, 高浪龍平, 櫻井伸治 : 放射性セシウム汚染固体廃棄物の除染にフェロシアン化物共沈法を利用した時の減容率, 土木学会第69回年次学術講演会, pp.181-182(9.10/大阪大学豊中キャンパス)
  11. 高浪龍平, 谷口省吾, 林新太郎, 尾崎博明 : HILIC‐MS/MSを用いた4種の抗インフルエンザウイルス薬の同時分析, 第15回日本水環境学会シンポジウム講演集, p.133(9.8/滋賀県立大学)
  12. 島田祐輔, 久保田健吾, 竹村泰幸, 原田秀樹, 李玉友 : パイロシーケンシングによるスタートアップから安定期における実機消化槽の微生物群集構造解析, 第15回日本水環境学会シンポジウム講演集, p.152(9.8/滋賀県立大学)
  13. 渡邉亮哉, 菅生俊樹, 李玉友, 若原慎一郎 : 低温域膜分離メタン発酵法を用いた下水処理の可能性評価, 第15回日本水環境学会シンポジウム講演集, p.156(9.8/滋賀県立大学)
  14. 橋口亜由未, 藤川陽子, 米田稔, 谷口省吾, 尾崎博明, 安田啓介, 久米恭 : 放射線照射で生成されるラジカルの有機フッ素化合物分解への影響とPFOS電気分解過程の解明, 第15回日本水環境学会シンポジウム講演集, p.187(9.8/滋賀県立大学)
  15. 櫻井伸治, 堀野治彦, 中桐貴生, 川崎昌弘 : 循環灌漑下の水田土壌における重金属の挙動に関する基礎的研究, 第14回環境技術学会年次大会, pp.14-15 (9.5/京都大学吉田キャンパス)
  16. 高浪龍平, 谷口省吾, 尾崎博明, 林新太郎 : イナビルを含む抗インフルエンザウイルス薬の同時分析と河川中濃度について, 第14回環境技術学会年次大会, pp.22-23 (9.5/京都大学吉田キャンパス)
  17. 橋口亜由未, 藤川陽子, 米田稔, 谷口省吾, 尾崎博明 : 様々な手法によるPFOS分解の試み, 第14回環境技術学会年次大会, pp.38-39 (9.5/京都大学吉田キャンパス)
  18. 藤川陽子, 菅原正孝, 古川憲治, 高田克己, ポール・ルータス, 谷外司, 尾崎博明 : 砒素・鉄・マンガン・アンモニア含有地下水の生物処理法による処理成績と性能低下時の原因, 第14回環境技術学会年次大会, pp.80-81 (9.5/京都大学吉田キャンパス)
  19. 杜嘉年, 藤川陽子, 津野洋 : 部分亜硝酸化+アナモックスの一槽型リアクターの性能の長期監視結果, 第14回環境技術学会年次大会, pp.82-83 (9.5/京都大学吉田キャンパス)
  20. 山沖留美, 木村捷二郎, 太田雅壽 : 放射線照射した生薬のESRシグナル特性とショ糖含量について, 第51回アイソトープ・放射線研究発表会要旨集, vol.51, p.116 (7.8/東京大学弥生講堂)
  21. 藤川陽子, 尾崎博明, 魏ホウヒ, 津野洋, 藤長愛一郎, 谷口省吾, 高浪龍平, ポール・ルータス, 櫻井伸治, 藤原慶子 : 下水汚泥焼却灰等のセシウム除染試験, 日本保健物理学会,p.55 (6.20/岡山県上齋原文化センターヴァルトホール)
  22. 大山将, 中島卓夫, 松生隆司(㈱鴻池組) : 放射性セシウム含有土壌の加熱処理に関する基礎検討(その2), 第20回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集, S2-23 pp.200-203 (2014.6/和歌山県民文化会館)
  23. 王慧, 高浪龍平, 谷口省吾, 林新太郎, 尾崎博明, 藤川陽子 : セシウム化合物のフェロシアン化物生成による除去挙動, 平成26年度土木学会関西支部年次学術講演会, Ⅶ-4(5.31/大阪産業大学中央キャンパス)
  24. 須藤裕太、胡勇、北條俊昌、李玉友 : UASB法と活性汚泥法を用いた硫酸塩含有エタノール系化学工場廃水の処理, 第48回日本水環境学会年会講演集, vol.48, p.503 (3.19/東北大学川内北キャンパス)
  25. 高浪龍平, 谷口省吾, 林新太郎, 尾崎博明 : 寝屋川における抗インフルエンザウイルス薬の濃度推移, 第48回日本水環境学会年会講演集, vol.48, p.522 (3.18/東北大学川内北キャンパス)
  26. 婁宇, 陳霞明, 尾崎博明, 林新太郎 : 膜等電点付近での低圧逆浸透膜による疎水性溶質の分離, 第48回日本水環境学会年会講演集, vol.48, p.575 (3.18/東北大学川内北キャンパス)
  27. 谷口省吾, 尾崎博明, 林新太郎, 大建健人, Rabindra Raj Giri : 下水試料中におけるヘキサブロモシクロドデカン(HBCD)および低臭素化合物分析法の検討, 第48回日本水環境学会年会講演集, vol.48, p.328 (3.18/東北大学川内北キャンパス)
  28. 大建健人, 谷口省吾, Rabindra Raj Giri, ,尾崎博明 : 下水処理場におけるヘキサブロモシクロドデカン(HBCD)および低臭素化合物の除去特性について, 第48回日本水環境学会年会講演集, vol.48, p.64 (3.17/東北大学川内北キャンパス)
  29. 藤川陽子, 尾崎博明, 魏ホウヒ, 津野洋, 藤長愛一郎, 谷口省吾, 高浪龍平, ポール・ルータス, 櫻井伸治, 藤原慶子 : 指定廃棄物抽出液中の重金属のオンサイト測定技術ならびにセシウムの除染技術の検討, 第15回「環境放射能」研究会(3.6/茨城県・高エネルギー加速器研究機構)
  30. アタカ大機㈱ : 焼却飛灰等の水洗浄除染とその水処理, 第35回全国都市清掃研究・事例発表会講演論文集318-320 (2014.1.23/いわて県民情報交流センター)
  31. 保高徹生(産業技術総合研究所),大山将(㈱鴻池組),佐藤透(西松建設),地盤環境研究委員会TF-N1(地盤工学会 東日本大震災対応調査研究委員会) : 放射性セシウム含有土壌の土壌洗浄法の適用性評価試験, 第10回環境地盤工学シンポジウム発表論文集, pp.301-306 (9/日本大学文理学部百周年記念館)
  32. 高浪龍平, 尾崎博明, 谷口省吾, 林新太郎 : 抗インフルエンザウイルス薬の河川中濃度と供給量について, 第13回環境技術学会年次大会, pp.40-41 (9.13/岐阜大学)
  33. 魏鵬飛, 津野洋, 尾崎博明, 藤長愛一郎, 藤川陽子 : 水処理汚泥・焼却灰等からのセシウムの共沈除去, 第13回環境技術学会年次大会, pp.50-51 (9.13/岐阜大学)
  34. 藤川陽子, Phan Do Hung, 古川賢治, 花田眞理子 : 地下水中低濃度アンモニアへのアナモックス法適用を目指した基礎的検討-培養の経過, 第13回環境技術学会年次大会, pp.86-87 (9.13/岐阜大学)
  35. アタカ大機㈱ : 焼却灰等の水洗浄除染とその水処理技術, 第13回環境技術学会年次大会, pp.114-115(9.13/岐阜大学)
  36. 高浪龍平, 谷口省吾, 林新太郎, 尾崎博明 : 2012/13年インフルエンザシーズンにおける河川中のタミフルおよびタミフル代謝物濃度について, 土木学会第68回年次学術講演会, pp.223-224(9.5/s日本大学津田沼キャンパス)
  37. 櫻井伸治, 網田倫裕, 中桐貴生, 堀野治彦 : 水田用排水におけるTOCとCODの関係性, 平成25年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集562-563(2013.9/東京農業大学)
  38. 山沖留美, 木村捷二郎, 太田雅壽 : 放射線照射した糖類および生薬のSOS反応誘発性, 第50回アイソトープ・放射線研究発表会要旨集, vol.50, p.84(7.4/東京大学弥生講堂)
  39. 魏明林, 花田眞理子, 藤川陽子, Phan Do Hung : ベトナムにおける鉄バクテリア法浄水施設建設と水質向上の検討, 第47回日本水環境学会年会講演集, vol.47, p.76(3.11/大阪工業大学大宮キャンパス)
  40. 郭ギョウ, 尾崎博明, 谷口省吾, Rabindra Raj Giri : PPCPs混合水溶液の紫外線光分解における波長の影響, 第47回日本水環境学会年会講演集, vol.47, p.276 (3.11/大阪工業大学大宮キャンパス)
  41. 飴田陽也, 藤長愛一郎, 高浪龍平, 尾崎博明 : 微生物燃料電池の電池容量に測定方法が与える影響, 第47回日本水環境学会年会講演集, vol.47, p.686 (3.11/大阪工業大学大宮キャンパス)
  42. 高浪龍平, 谷口省吾, 林新太郎, Rabindra Raj Giri, 尾崎博明 : 寝屋川上流部における抗インフルエンザウイルス薬の挙動とリスク評価, 第49回環境工学研究フォーラム, vol.49, pp.185‐192 (11.28/京都大学吉田キャンパス)
  43. 大山将,中島卓夫,保賀康史,松生隆司,吉岡由郎,西村良平(㈱鴻池組) : 放射性セシウム含有土壌の対策技術に関する基礎検討, 第10回地盤改良シンポジウム論文集, pp.109-116 (2012.10/ハートピア京都)
  44. 日高平, 津野洋, 向坂悠佑, 八木春香, 西村文武 : 有機酸発酵における微生物群集解析およびモデル化, 第15回日本水環境学会シンポジウム講演集, p.75(9.10/佐賀大学)
  45. 高浪龍平, 谷口省吾, 林新太郎, 尾崎博明 : HILIC-MS/MSを用いた抗インフルエンザウイルス薬同時分析による河川水中濃度, 第15回日本水環境学会シンポジウム講演集, p.133(9.10/佐賀大学)
  46. 大山将,中島卓夫,保賀康史,松生隆司,吉岡由郎,西村良平(㈱鴻池組) : 放射性セシウム含有砕石の洗浄処理に関する基礎的検討, 土木学会第67回年次学術講演会, 3-061pp.121-122(2012.9/名古屋大学東山キャンパス)
  47. 郭ギョウ, 尾崎博明, 高浪龍平, Rabindra Raj Giri : エネルギーの異なる紫外線ランプを用いた水中PFOAの分解について, 土木学会第67回年次学術講演会, Ⅶ-013(9.5/名古屋大学東山キャンパス)
  48. 高浪龍平, 谷口省吾, 林新太郎, 尾崎博明 : 2011/12年インフルエンザシーズンにおける河川中のタミフルおよびタミフル代謝物濃度について, 土木学会第67回年次学術講演会, pp.111-112(9.5/名古屋大学東山キャンパス)
  49. 高浪龍平, 尾崎博明, 谷口省吾, 林新太郎 : 河川底質中の抗インフルエンザウイルス薬について, 第12回環境技術学会年次大会, pp.66-67 (9.3/立命館大学びわこ・くさつキャンパス)
  50. 櫻井伸治, 中桐貴生, 堀野治彦 : 大気降下物中のリン・窒素負荷量と気象条件の関係についての検討,第12回環境技術学会年次大会, pp.130-131 (9.3/立命館大学びわこ・くさつキャンパス)
  51. 藤川陽子, 菅原正孝, 魏明林, 谷口省吾, 尾崎博明, 橋口亜由未, 本間徹生, 平山さやか : 鉄バクテリア法での3価砒素除去機構のX線吸収分光法による検証, 第12回環境技術学会年次大会, pp.138-139 (9.3/立命館大学びわこ・くさつキャンパス)
  52. 大山将,中島卓夫,保賀康史(㈱鴻池組) :放射性セシウム含有土壌の対策技術に関する基礎的検討(その1), 第18回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集, S1-20, pp.88-93(6/埼玉会館)

<図書>

  1. 尾崎博明, 谷口省吾, 高浪龍平, 津野洋 他 : 「排水汚水処理技術集成2」, 第1編 第3章PPCPs・有機フッ素化合物, 出版社㈱エヌ・ティー・エスpp.39-47(2013)
  2. 津野洋, 水野忠雄 : 「排水汚水処理技術集成2」, 第2編 第8章 オゾンによる処理技術 総説, 出版社㈱エヌ・ティー・エスpp.341-345(2013)
  3. 藤川陽子 : 「東日本大震災後の放射性物質汚染と対策最前線」, 第2章第一節 土壌環境中の放射性セシウムなどの分布の解析と動態 出版社㈱エヌ・ティー・エス(2012)

<シンポジウム>

  1. 「原子力災害・大規模自然災害後の環境対策」セミナー(平成26年8月22日/グランフロント大阪北館タワーCナレッジキャピタルカンファレンスルームC05),招待講演5件,研究成果講演1件およびパネルディスカッション(パネラー7名),参加者52名
  1. 「原子力災害・大規模自然災害後と環境対策-下水道を中心に」セミナー(平成25年4月26日/大学コンソーシアム大阪キャンパスポートルームE),招待講演3件,研究成果報告2件,参加者82名
  1. 「難分解性有機物質の環境動態に関するシンポジウム」(平成24年10月2日/大阪産業大学16号館16606教室),報告講演6件,参加者35名

 

このエントリーをはてなブックマークに追加